事業内容|ウェルビーイングファースト

私たちは働く人たちが良い状態でいることを第一に考える
ウェルビーイングファーストな会社作りを支援しています。

ウェルビーイングファーストな会社とは?

働く人々(経営者を含む)がWell-being(良い状態)でいることを第一に考えながら

事業を発展させていく企業と定義しています。

1. ウェルビーイングファーストにするとどのような変化があるのか?

会社の業績・雰囲気が良くなるだけでなく
仲間からも社会からも選ばれる会社になります。

1.
働く人の事を最初に考える
2.
働く人の調子が良くなる
3.
仲間からも社会からも選ばれる
4.
会社の調子もグンと良くなる

2. なぜウェルビーイングファーストな会社は業績が上がり、選ばれるのか。

1. 調子が良い時の方がそうじゃない時より25%以上も生産性が高いから。

ウェルビーイング(心身ともに調子が良い)な時とそうでないとき、どちらの方が仕事の結果が良いか。体調も良く、職場環境も良く、同僚との人間関係も良い。当然のようにほとんどの方が調子が良い時の方が結果が良いと答えると思います。研究によってもそのことは証明されておりウェルビーイングな時とそうでない時と比べると25%以上生産性が違うと言われています。

これを専門的な言葉で言うとハピネスアドバンテージ、日本語で幸福優位性と呼びますが、これは学術的な説明をしなくとも多くの方が直感的に理解できることだと思います。

2. 働く人は従業員を大切にするウェルビーイングな会社で働きたいから。

働く人を大切にしている会社と、そうでない会社。どちらで働きたい方が多いでしょうか。ほとんどの方が前者だと答えると思います。

ウェルビーイングファーストな会社は人材定着、獲得にも非常に有利です。

3. 働く人を大切にする会社の商品を買いたいと思う人が増えているから。

3つ目の理由は働く人を大切にしている会社の方が顧客・消費者から選ばれやすいという点です。もちろんこれは扱う商品・サービスにもよりますが少なくとも社内でトラブルを多く抱える会社の印象はどのような業種であっても消費者に良い影響は与えません。

BtoB企業でさえもいつも客前に怒鳴られている、疲弊している営業マンがいる会社とお付き合いしたいと思わないのが普通の感覚です。実際に多くの調査でも消費者が購買時に会社の姿勢、社会的責任、ビジョン等に共感・理解して購買行動をする傾向が強まっていることがわかっています。

3. なぜウェルビーイングファースト会社が今後ますます成長していくのか。

1. 働くことの価値観がますます多様化しているから。

近年、ますます働くことの価値観が多様化しています。コロナ渦が働き方そのものに影響を与えたこともあり、より人々がどこで働くか、どう働くかということ自分らしいライフワークバランスを真剣に求めはじめています。収入だけでなく様々な要素を総合的に判断しながら会社を選ぶ傾向が強まり、みんなに人気の会社よりも「自分にあった会社」を探す傾向は今後もさらに高まっていきます。


そういった背景から今後、経営者にとって働きたくなる、働くことに意味を見出せるような職場を作ることは会社経営にとってますます重要な意味を持ちます。

2. テクノロジーが法定通貨の価値を相対的に下げるから。

インターネットの登場により世界は大きく変わりました。それと同じようにブロックチェーンの登場で再び世界は大きく変わろうとしています。

ブロックチェーンによってもたらされるトークンエコノミーが広がっていくと今まで使用していた法定通貨の生活への影響力は相対的に弱まっていきます。トークンエコノミーとはわかりやすく説明するとホームページをつくるように皆がトークン(お金のようなもの)を発行できるようになり、その中で情報だったり物だったりが交換できる小さな経済圏というイメージです。

インターネットの登場によりマスメディアの価値が相対的に下がったように、トークンエコノミーが広がることで法定通貨の価値が体感的、相対的に下がっていくことは容易に想像がつくと思います。そのような世界が将来おとずれた時、金の力だけで人を縛って働かせている企業が生き残ることは容易ではありません。

ウェルビーイングファーストの経営は『競争優位』からの『必須要素』になっていく。

現状ウェルビーイングファーストな経営は競争優位をもたらします。
しかし近い将来ウェルビーイングファーストであることは経営の必須要素となり、
そうでない企業は今まで以上に社会から必要とされない会社となります。

4.どのようにウェルビーイングファーストな会社を作るのか。

1.
1. 組織診断で課題とゴールを見えるようにする。

JUST A独自開発のフレームワーク「ウェルビーイングカンパニーモデル」を用いて、ウェルビーイングな企業の共通項を把握し、自社との距離を明確にします。また同時に従業員アンケート&フィードバックミーティングを行うことで自社特有の課題を見える化します。

2.
2. ロードマップを作成し、計画を実行する。

組織診断で明確になった課題を社内リソースを鑑みながら①経営層 ②管理職 ③現場の異なる3つのレイヤーで計画を作成し実行します。また組織開発視点だけでなく、組織のウェルビーイングに大きな影響を与えるトップ/管理職のマネジメントスキルの向上施策(人材開発)も同時に実施します。

3.
3. 社内に向けてのインナーブランディング戦略を考案する。

2の活動を通して自社にとってのウェルビーイングな状態が見えてきた段階で、それを社内は深く浸透させるためのインナーブランディング戦略を立案、実施します(この際必要であればインナーWEBサイトを立ち上げます)。

4.
4. インナーからアウターへ広げるブランディング戦略を考案する。

社内の価値観、情報をアウター(社外)へ発信するための戦略を考案、実行します。ウェルビーイングな環境を作る際に特に大切なのが「人間関係」であり、採用(将来の同僚)と顧客選定は非常に重要な要素です。自社の価値観を明確に発信することでミスマッチが起きにくい採用、また顧客を獲得する仕組みづくりを行います。

5.
5. 継続した改善でウェルビーイングかつ社内外から選ばれる組織へ。

1~4の工程で社内のエンゲージメントを高め、かつ自社の価値観にあった人材、顧客から選ばれる仕組みづくりを構築します。またそれを継続的に改善、実行するための自社チームを立ち上げます。組織は常に変化し、事業フェーズによっても課題が異なるため、継続的に組織を改善する仕組みづくりを目指します。

5. 私たちは具体的にどのようなサービスを提供しているのか。

1. 【組織診断】どこから手をつけていいかわからない。

ウェルビーイングな組織づくりをしたいがどこから手をつけていいかわからないというニーズに応えるため、組織診断のサービスを提供しています。

サービスは大きく3つに分かれています。

①診断|フレームワークを用いてウェルビーイングな企業と自社との違いを明確にする。

②調査|社内アンケートとフィードバックミーティングを実施して自社特有の課題を見つける。

③計画策定|①②の結果を元に自社のリソースを鑑みながらウェルビーイングな企業になるための行動計画を策定する。

 

2. 【組織開発】ウェルビーイングな会社作りを実践したい。

上記「4.どのようにウェルビーイングファーストな会社を作るのか。」の主に1~4を行います。標準工程、回数の中で知見を提供し御社の自走状態を目指します。

3. 【人材開発】経営者/マネージャーのマネジメントスキルを伸ばしたい。

組織がウェルビーイングかどうかはトップを始めとするマネジメント層のマネジメント能力と大きな相関関係があります。そのため当社は経営者、マネージャー向けの1on1トレーニング/集合研修を提供しています。

プログラムの特徴は情感伝染(上位の立場の人間の感情は部下に大きな影響を与える)という組織力学の性質を考慮し「まずマネージャーがウェルビーイングである(マネージャーファースト)」という視点から開発されたプログラムであることです。

6. 私たちの会社はどのような特徴があるのか。

1. 独自開発のメソッド(プログラム及びフレームワーク)を用いて支援します。

当社は五年以上の歳月をかけて組織を研究及び実務を通し汎用性の高いオリジナルのフレームワーク・メソッドを開発しました。 JUST Aはウェルビーイングな組織の構築方法を初めて体系化し紹介している企業です。

2. 社内外から選ばれる企業になるためのブランディング施策も支援します。

当社の組織開発手法は従来の組織内部に対する視点だけでなく、社内外へのブランディング・マーケティング視点を含んでいます。 そのため社情報発信にも重きを起き、マネジメント改革から売上を伸ばす手法を提案しています。

2. 国内外での実務経験豊富な実践者が直接サービスを提供します。

変化は確実にそして急激に起きる。たった5年だけでも中小企業は厳しさをましている。

今まで仕事をする上で最も大きなモチベーションだった待遇面自己実現制/ライフワークバランスを重視する価値観を持った人が多くなる。自分にあった会社、働きやすい〜

4. 体系化されたサービスを提供するため具体的で実践しやすい。

当社の各サービはどれも体系化されており、豊富なテンプレートも用意していますので、具体的ですぐに実践できます。 まずは素早く真似る。そこから自社に合わせて改良していくことで実現可能性を大幅に高めています。

働く人々の人生を本気で良くする社会をつくろう。

私たちはウェルビーイングファーストな会社作りに本気で取り組む人々を応援しています。
そういった人が一人でも増えることで、職場が変わり、会社が変わり、社会が変わっていくと
本気で信じて日々行動し、事業活動を続けています。

Type at least 1 character to search